借金時効 問題

入会金、年会費無料のカード

借金に対する消滅時効の援用

 

もしもキャッシングの返済が時効期間に達したとしても、そのままでは時効は成立しません。
時間の経過だけでは、時効とは見なされないのです。

 

借金時効の利益を受けることを消費者金融側に連絡し、時効によって借金返済の必要がなくなったことを主張しなければならないのです。

 

貸した側へ主張することを時効の援用といいます。

 

たとえ消滅時効の成立に十分な月日が経過していても援用されていない限り、キャッシング業者は残りの借金を返すように求めてきます。

 

借りた側が何もしないままでは、消滅時効が自動で成り立つことはありません。

 

そのため、払ってもらえるのなら払ってもらおうと考えているためです。
消滅時効は返済をすることで喪失しますので、キャッシング会社の催促に従って返済する時は気をつけましょう。

 

消滅時効を援用するには、郵便物の送付記録が残る内容証明郵便を用いて、しっかり表明しておきましょう。

 

手紙を出した日付、内容、どこからどこへ出されたものかについて、内容証明郵便は郵便局が証明してくれます。
内容証明郵便は、受け取られなかった時は送り主に戻されます。

 

受け取り拒否や不在時は郵便局が一定期間保管します。
事実関係を明確にしておくためにも、内容証明郵便を出しましょう。

 

このことによって、借金に対する消滅時効の援用をはっきり意思表示して借金時効にすることができます。

 

借金時効の問題

 

時効についての話を聞きたい時は、専門家に頼りましょう。

 

借金時効の問題は法律が絡み、また借金時効の中断や放棄などの規定も存在するため経験がないとわかりにくいところがあります。

 

相手方が強引に自説を通そうとした時、知識に自信がなかったために反論しきれなかったりするかもしれません。
時効の手続きを進めるときにわかりにくいことがあったら、その道のスペシャリストをに頼みましょう。

 

裁判が関係する時は弁護士事務所へ、内容証明郵便の作成や相手からの督促にどう対応したらいいかわからない時は行政書士事務所に相談するといいでしょう。

 

交友範囲に弁護士、行政書士がいるならば、借金の時効について詳しく聞いてみても参考になります。

 

ことが裁判にもつれこみそうな時や、借金の時効に関して困ったことが起きた時は弁護士の存在はきっと助けになります。
弁護士に頼むというと敷居の高さや依頼料の問題が気になるかもしれません。

 

しかし電話での無料相談を受け付けているところもありますし、借金時効のためにもまずは問い合わせてみましょう。

 

不備のない内容証明郵便を確実に作成したい時は、手探りで自分で作るより行政書士に依頼した方が間違いありません。

 

専門家の後ろ盾があるだけでも、相手側との借金時効の交渉にはかなり心強い助けとなります。

 

まずは電話などで借金時効について相談をしてみましょう。

 

キャッシング新革命!

 

借りる側が金利や条件を選べる「くらべる君」