ローン

住宅ローンの借り換えを考える前に大切なこととは

住宅ローンは家計全体の出費の中で、最も大きなものです。
ですから、なるべくその費用、金額を少なくしたいものです。

自分が契約している住宅ローンが、果たしてベストな方法のか、返済金額を減らせないものか考えますよね。
今の住宅ローンの満了日が近づくと、現在のローンを続けるか、他の金融機関への借り換えを行おうか、迷います。

実は私も2年前に住宅ローンの借り換えをしたんですが、その前にあれこれ比較してみて、かなり悩みました。

住宅ローンの借り換えを考えるときには、借り換え金額の一括比較がおすすめです!

下記の条件に1つでも当てはまる方は金利負担減の可能性アリ

住宅ローンの残高が1,000万円以上
残りの返済期間が10年以上
2009年以前に住宅ローンを借り入れた

「もしかして?」と思った方は今すぐ「住宅ローン借り換えセンター」をチェックしてください。

【1】 自分の住宅ローン残高がわからない方
【2】 10年以上前にフラット35で契約した方
【3】 ローン残期間が10年以上ある方
【4】 現在のローン金利が3%以上の方
【5】 ローン利息を1円でも減らして、月々の家計費負担を軽減したい方

返済額が「いくら減額になるか」一括して、無料で調べることができます。
ローン借り換え費用を0円にすることも可能です!

住宅ローンの借り換えを検討している方は、いろんな金融機関の資料を一つひとつ集めて、検討していると思います。
しかし、金融の素人がどこがベストな借り方なのかなかなか判断できません。

実際には、どこの金融機関でも、「うちこそがお得です!」とメリットばかりを説明しますからで、一体どこにしたらいいのかなかなか決めることができないですよね。

住宅ローンの借り換えなら一括比較できます

今では、「住宅ローンの借り換え比較」を一括でしてくれるサイトがあります。
利用は無料ですし、一度に複数の金融機関の資料を請求できるので、忙しい人でも手間いらずです。

住宅ローンの借り換えで一番面倒な金融機関の比較が簡単にできるので、あとは自分にあった最適なローンを選ぶだけです。
借り換えをする決定は、もちろん慎重にしなければなりません。

その前に、いろいろな情報を集めたり、一括比較をしていくつかの銀行の金利を比べることが、お得な借り換えにつながります。
1つの金融機関の見積もりだけでローンの借り換えをするのではなく、必ず複数の金融機関で比較をするようにしましょう。

住宅ローンの仮審査とは?

住宅ローンの仮審査というのは、住宅ローンの本申し込みを行う前に、審査が通るかどうかを事前に金融機関に見てもらう手続きのことです。
複数の金融機関に仮審査を申し込み、承認が下りた金融機関の中から、金利や融資額などを考慮して、本申し込みすることをおすすめします。

金利は、できれば低くおさえたいもの。
それが家計の大きな節約にもつながります。

一度ローンを組んで放置しておくと、本当はお得にできる機会を逃し、損をしているかもしれません。
「住宅ローン借り換えセンター」では、そのような方に代わってローンの借り換え代行業務を行い、時間と労力の手間を省くお手伝いをします。
住宅ローン借り換えはプロに相談するのが賢い選択です。